優れた語学力が必要な「翻訳」

副業 おすすめ

翻訳」の仕事は、他の言語の文章を日本語に訳したり、その逆もあります。
 
今では誰でも無料でインターネット上の機械翻訳サービスを利用することができ、英語に限らず様々な言語に翻訳することができるようになりましたが、今の技術ではやはり変な文章になってしまいます。
 
しかし、今の技術では、まだまだおかしな文章になってしまいます。
 
ある国の言語を別の国の言語に翻訳する技術は、機械ではなく専門的な知識を持った人間の力が必要です。
 
翻訳の仕事をする人のことを「翻訳者」と呼び、小説などの文学作品を翻訳する「文芸翻訳」や、企業や研究者が必要とする専門知識を翻訳する「実務翻訳」など、さまざまな種類があります。
 
資格や免許は必要ありませんし、特に学歴も必要ありませんが、当然ながら英語などの語学力はもちろん、誰にでもわかりやすく翻訳できるスキルが必要ですし、専門的な言葉や説明ができるレベルの文章力や深い知識も必要とされます。
 
翻訳を副業として稼ぐ場合には、出来高制ということで、仕事をやればやるほど収入を得られることになります。
 
また、納品はインターネットを利用して行うので、自宅で気軽に副業を進めることができます。
 
ただし、やはり、仕事を見つけるのは簡単ではなく、どの依頼者も語学力が高い翻訳家を求めるので、かなり努力しないと仕事をもらえないこともあります。
 
翻訳の仕事は、「文字数〇字の文章の翻訳を〇月〇日までに」と依頼されることがほとんどなので、仕事をこなすためには、いくつか依頼を引き受けて、どの仕事がいつまでに、ということを自分でしっかりと管理しておく必要があります。
 
また、仕事をもらえても、1回限りの依頼だと、納品したらまた仕事を探さないといけないので、定期的に仕事がもらえる依頼者を見つけることも大切です。
 
万が一、納品が納期に間に合わないことがあれば、依頼先からの信頼はなくなり、それ以降、仕事がもらえなくなってしまいまうので、自分が引き受けた仕事の管理を徹底し、責任をもって仕事を進めることが大切です。
 
翻訳を副業としておすすめするのは、外国語を専門とした学校を卒業した人です。
 
翻訳家になるには資格や免許は特に必要ありませんが、語学系の大学などに通っていたという事実があれば、信頼度が高まります。
 
また、英検やTOEICなどで優秀な成績を保持している人も、履歴書に目が留まり、依頼してもらえる可能性が上がるのでおすすめです。
 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL