サラリーマンが行う副業で気を付けること

副業 おすすめ

サラリーマンが副業をすると、会社にバレて退職を迫られる可能性があります。
 
そのような最悪の事態を避けるためにも、サラリーマンの方で副業を始めようと考えている方は、ここでご紹介する内容をしっかりと確認しておきましょう。
 
公務員であれば副業はできませんが、サラリーマンの場合はどうでしょうか。
 
これは各企業の規定にもよりますが、あなたの会社が「副業禁止」としているのであれば、副業はできません。
 
あなたの会社が「副業禁止」としている場合は、副業はできません。
 
しかし、生活が深刻で副業をしなければならないことを個別に上司に相談すれば、副業が認められる可能性があります。
 
それでは、「会社で副業が禁止されていないなら、副業を勝手にやっても良いのか?」というと、それもおすすめできません。
 
会社の規定になくても、会社の同僚や上司などが、あなたが副業に時間を使っていることを知ったら、あまり良い印象を持たないはずです。
 
きっと「副業に費やす時間があるのなら、その分、会社の仕事に力を入れろ」と思われるでしょう。
 
会社で副業が禁止されていないから始めたのに、会社に判明したら会社を辞めさせられた、という人も実際にいるようです。
 
そのため、副業を始める前に、「会社の人たちは副業に対してどんな考えを持っているのか」ということを調べておきましょう。
 
また、「会社の規定で副業が禁止されていても、特に規定がなくても、どっちにしても会社にバレずにいれば問題ない」と思っている人も多いでしょう。
 
しかし、サラリーマンの場合、給与所得とは別に、年間20万円の収入があれば、確定申告する必要があるのです。
 
そして、副業の収入で年収が上がれば、住民税も多くなり、経理担当者から指摘される可能性があるのです。
 
お金を稼ぐことだけを考えて副業を始めようとしている人は、会社にすぐにバレて大変なことになる可能性が高いので、副業選びを慎重に行い、副業に関する知識を身に付けることをおすすめします。
 
また、最近では、SNSからバレるケースが増えてきています。
 
SNSの特性は、個人的な情報を公開したり写真を投稿することで他の人とつながりますが、そこで副業の事実がわかるような投稿をしてしまい、誰かがそれを見れば、すぐに拡散して会社にバレてしまいます。
 
しかも、最近では、社員が会社の中で写真を撮影して、それを自分のSNSに投稿し、思わぬトラブルの原因になることが増えているので、SNSのチェックを随時行っている会社も多いのです。
 
そのため、SNSでは絶対に副業の話題を取り上げないようにしましょう。
 

関連記事
  • 優れた語学力が必要な「翻訳」

    翻訳」の仕事は、他の言語の文章を日本語に訳したり、その逆もあります。今では誰でも無料でインターネット上の機械翻訳サービスを利用することができ、英語に限らず様々な ...

    2021/03/23

    副業 おすすめ

  • 写真撮影で稼ぐ副業

    撮影した写真のデータを写真販売サイトに提供して、第三者が購入した際にロイヤリティとして収入を得るという副業もあります。最近では、パソコンを使ってプレゼン資料を作 ...

    2021/03/21

    副業 おすすめ

  • 結婚式の代理出席で稼ぐ

    結婚式に招待する友人が少ないと悩んでいる人のために、友人のふりをして結婚式に出席する仕事が結婚式代理出席副業です。サクラ取り」と似たような仕事で、その実態や詳細 ...

    2021/03/19

    副業 おすすめ

トラックバック
トラックバックURL